NEWS新着情報

2021年06月22日新着情報

山田塾65限目 フィッシングサイトの進化

Google Chromeの方で通信を暗号化することが出来るHTTPS。 しかし守る側の進化は攻撃側の進化でもある。

2020年に発見されたフィッシングサイトの7割がこのHTTPSを使用している。元々はフィッシングサイトは安全性の低いサイトとして表記されることが多かったがHTTPS化が進んできていることによってGoogle AIだけでは良し悪しの判断は難しくなっているのである。お支払サービス、ウェブメール、金融機関登録、コロナなどのなりすましなどのブランドを悪用するフィッシングも、全体の4割以上がHTTPSへ対応していたのである。

今後は機械だけに頼らずに自分の目や知識も養っていかないといつか思わぬところで攻撃を受けるかもしれない。

CATEGORY