NEWS新着情報

2021年03月31日新着情報

光コラボのデメリットについて2

今回も引き続き知っておくべき光コラボのデメリットについてお伝えしていきます。

それは請求うちわけがなくなるということです。正確に言うとNTTから来る請求書に金額内訳がなくなります。もう言ってる意味が自分は理解出来ないですね。まず光コラボして他社請求にもかかわらずなぜNTTから請求書がくるんですかね、問い合わせをNTTにしても対応してくれないのに。全く理解出来ないですしむしろわかりづらいですね。回線について知識がない場合、NTTから来ているからNTTと錯覚します。ではなぜこのような現象がおきているのか。それは基本的には光コラボ事業者のほうで請求書の発行はしていないからです。ですので毎月手数料として月々200円払ってNTTから請求書が来るという仕組みとなっています。名目としては料金回収代行と記載され光コラボ先が記載されてきます。結論からいうとユーザーは手数料を払って請求書を発行しているということです。NTTは実はNTT直接の場合は手数料は取っておりません。

もはや光コラボはデメリットしかないように聞こえてきますね。そして極めつけは解約違約金がかかるということですかね。光コラボ事業は様々なルールを設けることによりユーザーを束縛していきます。もうお手上げですね。

 

CATEGORY